簡単に稼げると思われがちな援助交際ですが

援助交際は、エッチをするだけで簡単に大金が稼げると思われがちです。
確かに、援助交際で相当な金額を稼いでいる女の子もいるでしょうが、そう簡単に稼げるものでもないのです。

まず、相手になってくれる男性を探さないといけません。
最近では、掲示板や出会い系サイトなど、男性を探せるツールも充実してきました。

ただ、それでもすぐに男性とアポが取れるわけではありませんし、募集をしてもなかなか男性にアプローチしてもらえないケースも多いのです。
今は不景気ですから、男性も3万や5万という大金はなかなか簡単には出せないのです。

それに、援助交際をしている女の子は他にもいるわけですから、ライバルも実は多い状況なのです。
ですから、想像している以上に男性からの反応が悪いことも多いのです。

そして何より、いざ男性と援助交際をすることができても、1回のエッチで結構な体力を消耗しますし、精神的にも結構な負担になるのです。
全く知らない男性と性行為をするわけですから、若い女の子にとっては相当な負担となるわけです。

そういったことを考慮すると、援助交際が簡単に稼げるなんて決して言えないのです。
それだったら、普通にアルバイトをして、高くはないかもしれませんが安定して収入を得た方が、長い目で見れば絶対にいいと思うのです。

どうしても目先のお金に釣られてしまい、援助交際に手を出してしまう女の子もいるのですが、思っているよりも援助交際は稼げないですし、リスクのことを考えれば割に合わないのです。
仮に今は稼げていたとしても、いつ稼げなくなるか分からないのです。

男性にとって援助交際の出費は痛くないのか

援助交際では、お金をもらう側である女の子にとっては、エッチにさえ抵抗感がなければ大金を稼げる魅力的な存在かもしれません。
一方で、お金を払う側である男性にとっては、援助交際での出費は痛くないのでしょうか。

援助交際では、1回につき3~4万円ほどのお金を女の子に払うことになります。
しかしそれだけでなく、現地までの交通費にホテル代、さらに女の子とご飯を食べたりするのであれば、そのお金も払わないといけないのです。

そうなれば、更なる出費を強いられるわけですから、少なくとも普通のサラリーマンにとっては、気軽に出せる金額ではないと思います。
恐らく1回でも援助交際をすれば、1ヶ月に自由に使えるお金をほぼ全て費やすことになるでしょうし、むしろそれだけでは足りないかもしれません。

それだけの出費を覚悟の上で、それでも援助交際をするということは、それだけの魅力があるからなのです。
何せ、高校生ぐらいの女の子とエッチができるわけですから、それだけでも大金を出す価値があるわけです。

ただ普通に性欲を満たすだけなら、風俗を利用した方が遥かに安く済むでしょう。
しかし、風俗の女の子はエッチ慣れしていますし、正直あまり興奮できないという人も多いわけです。

それだったら、倍以上のお金を出してでも、希少価値の高い女の子とエッチをしたいと思うわけです。
そう思う男性がたくさんいるからこそ、今でも援助交際は成り立っているわけです。

売る側がいくらたくさんいても、買う側がいなければ援助交際など成立しないので、両方がいるからこそ成立しているわけです。

援助交際ビジネスとは

援助交際とビジネスとは一見無関係の関係のように見えます。
しかし需要と供給によって成立し、金銭的やり取りがあるという時点で、一種のビジネスと言えるのではないでしょうか?
例えば付加価値がつく事で報酬金額はアップします。
処女だったり、お嬢様学校の制服を着ていると男性としてはテンションが上がり、相場よりも高くてもやりたいと思いますよね。
また相手の容姿やスタイルがいい子、セックスのテクニックがある子など上等な子であれば報酬金額も高くなります。

そして一番象徴的な事は女子高生というブランドでしょう。
例えば18歳の身体は多くの男性にとって魅力的です。
しかし高校三年生で18歳なのと、今年の春に高校を卒業して、18歳だけど就職をして事務員として働いている。
18歳でも女子高生である場合と、女子高生ではない場合とでは報酬金額の相場はまるで違ってきます。
そのため多くの女子高生は援助交際で稼ぐ事が出来るのは今だけと割り切って高校を卒業と同時に援助交際を卒業する子も少なくありません。

一方で20歳でも高校生と偽って援助交際をするのも報酬金額を落としたくないからです。
それはそうですよね、女性側の意見とすれば、同じ事をしているのに、今までは3万円もらえたのに、卒業したとたん半額になる。
それでは割に合わない、別に学生証などを見せてから援助交際をするわけではないし、詐称してもバレないだろうというわけです。

しかし逆に考えれば女子高生とセックスをする事は犯罪です。
ですが18歳以上であれば売春行為は犯罪とはいえ、少なくも児童ポルノ法に反する行為はなくなるため見つかった時の罪は軽くなります。

援助交際を始めたきっかけ

援助交際を始めたきっかけは友達がしていたからという子も多いでしょう。
実際に友達が援助交際をして稼いだお金で、洋服やコスメ用品、それに遊ぶお金がたくさんある様子を見たら羨ましいと思いますよね。
欲しいものがあるのならアルバイトをしたら・・・・と大人は思うのかもしれません。
しかしコンビニやファーストフードのアルバイトを真面目にしたところで時給は700円にもなりません。

欲しいモノを欲しいだけ購入しようと思ったら、地道なアルバイトでは遊ぶ時間がなくなってしまいます。
それに初めてアルバイトをした時にお金を稼ぐのって思っていたよりもしんどいと思った経験はありませんか?
お客さんから理不尽なクレームされたり、ミスしたら怒られたり、もちろんお金をもらって働いているわけですから大変な事は当たり前です。
しかしまだ学生で親に養われている身ですから、お金を稼ぐしんどさなんてまだまだ知りたくないのです。

そしてそんな時に援助交際で簡単に稼げるという話を友達から聞いたら、つい楽な方へ流されたくなる気持ちは理解出来ますよね。
遅刻をしても怒られないし、お客さんである男性は女子高生にチヤホヤしてくれる。
セックスをする事も嫌いじゃないし、何よりも1回セックスをするだけで数万円のお金を稼ぐ事が出来ます。
恋人とセックスをしてもタダなのに、援助交際でセックスをする方がいいなんて思う女子高生もいるかもしれませんね。
売春行為も始めるきっかけはもちろんお金です。しかし売春行為は生きるために必要なお金という点が援助交際との大きな違いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ